オルニチンの副作用と効果・効能

オルニチンの副作用と効果・効能

オルニチンの副作用と効果・効能

 

オルニチンとは

 

オルニチンとは、何でしょうか?

 

 

一般的には、なんとなくシジミに入っている栄養とか、
お酒をたくさん飲む人だけが必要な栄養というイメージではないでしょうか?

 

 

ちなみに、オルニチンはシジミ以外にも以下の食品に含まれています。

 

@オルニチンが含まれている魚介類(100gあたり)
・シジミ 約10〜15mg(約35個)
・ヒラメ 約0.6〜4mg(約1切れ)
・キハダマグロ 約2〜7mg(刺身7?10切れ)

 

Aオルニチンが含まれているキノコ類(100gあたり)
・本しめじ 約160mg
・ブナしめじ 約140mg
・ブナピー 約110mg
・エリンギ 約30mg
・エノキタケ 約14mg
・マイタケ 約10mg

 

Bオルニチンが含まれている他の食品(100gあたり)
・チーズ 約1〜8.5mg (スライスチーズ約5枚)

 

 

オルニチンは主に、肝臓で活躍するアミノ酸の一種で、遊離アミノ酸に分類されます。

 

 

遊離アミノ酸は、タンパク質と結合せずに、個々のアミノ酸の状態で存在しており、
肝臓や筋肉といった組織内だけではなく、血液に溶け込んで全身を循環し、
肝臓では有害物質であるアンモニア解毒を担うなど、重要な働きを担っています。

 

詳しくは、「オルニチンとは」へ

 

 

オルニチンの副作用

 

オルニチンはシジミなどに含まれている健康成分で、
様々な、効果・効能が期待されている人気の成分です。

 

 

そこで気になるのは、オルニチンに副作用があるのかどうかです。

 

 

実際の研究結果において、オルニチン摂取による成分的な反応や、
通常の摂取量の3〜5倍の過剰摂取でも、安全性が高いとされています。

 

 

今のところ副作用らしき報告が無いということです。

 

 

ただし、注意が必要なポイントがあることも覚えておきましょう。

 

詳しくは、「オルニチンの副作用」へ

 

 

オルニチンの効果・効能

 

オルニチンの効果効能は以下の通りになります。

 

・肝臓の機能向上
・疲労回復効果
・成長ホルモンの分泌促進
・美肌効果
・コレステロールの正常化
・アルコール性疲労の軽減
・筋肉の維持、増加
・骨粗鬆症の予防
・脂肪の燃焼効果

 

詳しくは、「オルニチンの効果・効能」へ